NEWS

2024-06-06 00:00:00

今週もどうぞよろしくお願いいたします。

今週のお勧めは中深煎りのペルー オルキデア ウォッシュトです。

今週は夜営業はありません。

華やかな香りに包まれるコーヒーをご用意してお待ちしています。


※【夜営業】について(豆の販売もしています)
(やや不定期。基本は(金)、(土)、(祝日前日)と時々(木)の夜。こちらとインスタのストーリーで告知)

・少ない席数ですが着席して飲んでいただくようにしています。(外のベンチもお使いください)
・夜営業独自のメニューです。
・万一混んだ際はすみませんがご滞在は30~40分までとお願いします。
・店主お勧めのワイン(いわゆるヴァン・ナチュールのみ)もあります。(毎回1~2本。主に白)


【ご入店の際に以下をお願いいたします】

手指の消毒・・・任意です。(ご用意はあります)

 

マスクの着用・・・任意です。

●店内
 ※豆のご案内やコーヒーの抽出はすべて店主一人で行うため、
  混雑時は長い時間お待たせしてしまうことがあります。

  ご理解いただけますと幸いです。
 
 豆の購入 適宜お入りください。


 ご着席 
店内2席しかないので30分までとさせていただきます
     
外のテラス席はゆっくりお過ごしできます

 

換気をこまめにさせていただきます


*感染予防には引き続き心を配っていきます



営業日は 
6/14(金)  13~17時    ※夜営業なし
6/15(土)  13~17時    ※夜営業なし


深煎り
インドネシア スマトラ ポルン アルフィナー スマトラ式ウォッシュト 

ブレンド代田
エチオピア シェカ 品種 在来種 ブラックハニー モプラコ社  
エチオピア イルガチェフェ 品種 在来種 ウォッシュト
メキシコ マヤビニック 品種カツーラ、ブルボン他 ウォッシュト 
徳之島コーヒー (鹿児島県大島郡伊仙町)ウォッシュト(豆売りなし、ドリップのみ

 



中深煎り
ブレンド・ナシミエント
ペルー オルキデア 品種ティピカ ウォッシュト
グアテマラ エスペランサ農園 品種ブルボン ウォッシュト
ケニア キリニャガ ミトンド AA 品種SL28、SL34、RUIRU11 ウォッシュト
ルワンダ シーラCWS 品種ブルボン ウォッシュト

ディカフェ メキシコ チアパス ドン・ラファ農園 品種パチェ ウォッシュト

中煎り
コスタリカ シュマバ 品種ビジャサルチ イエローハニー

中浅煎り
エチオピア イルガチェフェ チェルベサ 品種在来種 ナチュラル

コーヒーのお供
・ボンボンショコラ(ジャスミン・バニラです)(台東区三筋「蕪木」さんより)
(※このチョコレート菓子は単品での販売はしておりません。コーヒーと一緒にご注文ください)

※暑い時期になりましたので、チョコレートの販売はお休みします。

どうぞよろしくお願いいたします。

2024-05-26 14:02:00

5月と6月に講座をやります。
ご興味のある方はぜひお申込みください。

https://glaubell.net/menu

2024-05-22 22:48:00
「読書会」(第3回)のお知らせ

2回目の読書会は、初回の参加者の方々が多く、
更に充実した会となりました。ありがとうございました。

次回の読書会は6月30日(日曜日)11時からです。
課題図書は小川洋子・著『ことり』(朝日新聞出版)。

ファシリテーターは前回に引き続き編集者の吉田尚子さんです。
第2回に参加した方々の継続が多く今のところ新規募集はないですが
直前にキャンセルがでましたら募集させていただきます。 


●元文藝春秋の編集者・吉田尚子さんをファシリテーターにお迎えして
課題図書について、自由に語り合うという楽しい会です。

 

 

グラウベルコーヒー読書会

第3回

課題図書 『ことり』小川洋子・著 朝日新聞出版

・会場 グラウベルコーヒー

・日時 6月30日(日)午前11時から1時間半。

・参加費 1,600円(当日お支払い下さい)。コーヒー付き。

◎持ち物は本だけです。

 

ファシリテーター

吉田尚子・プロフィール

1964年生まれ。東京外国語大学アラビア語科卒。在学中にカイロ大学留学。
1989年文藝春秋に入社。別冊文藝春秋編集長、第二文藝部部長を経て、2020年退社。
浅田次郎、内田康夫、桐野夏生、東野圭吾、辻村深月、津村記久子、道尾秀介、朝倉かすみ、
金井美恵子、古川日出男、穂村弘、酒井順子、ナンシー関などの作家を担当。
受賞作としては、宮下奈都『羊と鋼の森』、大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』などを担当。

2024-04-26 09:27:00
読書会第二回のお知らせ(1名募集)

前回の初めての読書会では、参加者それぞれが自由に意見を出し合い、
とても充実した会となりました。

次回の読書会は512日(日曜日)11時からです。
課題図書は小野寺史・著『ひと』(祥伝社文庫)。

ファシリテーターは前回に引き続き編集者の吉田尚子さんです。
第一回に参加した方々の継続の参加も多く今回は1名を募集いたします。
(先着順になります。)ご参加お待ちしています。 


●元文藝春秋の編集者・吉田尚子さんをファシリテーターにお迎えして
課題図書について、自由に語り合うという楽しい会です。

 

InstagramのDMメッセージまたは下記メールアドレスから、

・お名前とフリガナ
・ご連絡先(携帯電話の番号)※緊急時以外にはご連絡しません


上記の項目を記してお申し込みください。

アカウント  @glaubellcoffee
たは
glaubell2011<@>gmail.com   ※ <>を外して送信してください。

 

グラウベルコーヒー読書会

第2回

課題図書 『ひと』小野寺史・著 祥伝社文庫

・会場 グラウベルコーヒー

・日時 5月12日(日)午前11時から1時間半。

・参加費 1,600円(当日お支払い下さい)。コーヒー付き。

定員になりました(4/28)

◎持ち物は本だけです。


 

ファシリテーター

吉田尚子・プロフィール

1964年生まれ。東京外国語大学アラビア語科卒。在学中にカイロ大学留学。
1989年文藝春秋に入社。別冊文藝春秋編集長、第二文藝部部長を経て、2020年退社。
浅田次郎、内田康夫、桐野夏生、東野圭吾、辻村深月、津村記久子、道尾秀介、朝倉かすみ、
金井美恵子、古川日出男、穂村弘、酒井順子、ナンシー関などの作家を担当。
受賞作としては、宮下奈都『羊と鋼の森』、大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』などを担当。

2024-02-02 00:00:00
●「読書会」(第一回)のお知らせ

グラウベルコーヒーでは、かねてから企画していた読書会を開催することとなりました。

 

元文藝春秋の編集者・吉田尚子さんをファシリテーターにお迎えして課題図書について
自由に語り合うという楽しい会にしたいと思っています。

今回は本屋大賞にノミネートされた夏川草介・著『スピノザの診察室』。

すでに読まれた方もいらっしゃるかもしれませんね。まだの方はぜひ読んでから参加して下さい。

ファシリテーターである吉田さんが関わった本なので特別なお話を聞けるかもしれません。

 

InstagramのDMメッセージまたは下記メールアドレスからお申し込みください。
アカウント  @glaubellcoffee
たは
glaubell2011<@>gmail.com   ※ <>を外して送信してください。

 

グラウベルコーヒー読書会

第一回

課題図書 『スピノザの診察室』夏川草介・著 水鈴社

・会場 グラウベルコーヒー

・日時 310日(日)午前11時から1時間半。

・参加費 1,800円(当日お支払い下さい)。コーヒー付き。

・定員 8名 (定員になりました。キャンセル待ちを受付しております)

◎持ち物は本だけです。


 

ファシリテーター

吉田尚子・プロフィール

1964年生まれ。東京外国語大学アラビア語科卒。在学中にカイロ大学留学。
1989年文藝春秋に入社。別冊文藝春秋編集長、第二文藝部部長を経て、2020年退社。
浅田次郎、内田康夫、桐野夏生、東野圭吾、辻村深月、津村記久子、道尾秀介、朝倉かすみ、
金井美恵子、古川日出男、穂村弘、酒井順子、ナンシー関などの作家を担当。
受賞作としては、宮下奈都『羊と鋼の森』、大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』などを担当。


1 2